トップページ > 知っ得コラム > 2014年 9月号

知っ得コラム

知っ得コラム

2014年 9月号

浴室の整理整頓

ホームオーガナイザー●吉島智美
 朝晩すごしやすくなってきました。涼しくなってくると恋しくなるものの一つにお風呂があります。汗やホコリと共にその日の疲れを洗い流し、ゆったりとお湯に浸かる。なんとも至福のときです。
 快適な時間を過ごすはずの浴室ですが、入浴時の楽しみ方が多様化しているのに伴い、物であふれ返っているお宅も多いようです。そこで今回は、浴室の片付けについて考えてみましょう。
 入浴時の楽しみといえば、さまざまな効能や香りが選べる入浴剤、小さなお子さんがいる家庭では色とりどりのおもちゃは定番ですね。基本的に入浴剤は湿気に弱いので、できるだけ浴室には置かないようにしましょう。また、お子さんのおもちゃは、かびが発生するとよくありません。収納を兼ねて洗濯ネットなどに入れ、使わないときは風に当てるようにしましょう。
 お風呂で音楽やDVD鑑賞を楽しむ、パックやマッサージなどを行う、そんな人も増えています。そうしたグッズを使うのが特定の人に限るなら、浴室に常時置きっ放しにするのは避けましょう。個人の楽しみに関する物は、温泉や銭湯で見掛ける「お風呂バッグ」や「プラスチック籠」などに入れ、別の場所に保管するのがお勧めです。家庭で色違いのバッグや籠を使えば、誰の物か一目瞭然ですし、それらが洗面所の棚に並んでいる状態は、見た目にもきれいです。
 家族共有で使用する物が増えてしまう場合は、浴室に収納を増やすことを検討してみてください。浴室収納というと、床置きラックが一般的ですが、近ごろはタオル掛けやシャワーフックに掛けるタイプも出ています。どれが良いかは置きたいものと設置場所を考えて選んでください。
 ちょっとした気遣いで、浴室を家族みんなが楽しくリラックスできる空間にしましょう。

ページの先頭へ