トップページ > ニュース > 琴浦梨販売対策会議を行いました!

ニュース

ニュース 琴浦梨販売対策会議を行いました!

 JA鳥取中央琴浦梨生産部は琴浦町で8日、販売対策会議を開きました。生産者、取引市場関係者、行政、JA関係者ら約40人が参加しました。
市場からは「安定した数量を出荷してほしい」など要望が上がりました。
生育は順調で、3L中心の4Lよりの大玉傾向を予想。今年も、適期収穫で、品質を重視した梨の出荷、的確な市場情報を送り有利販売に努めることなどの販売方針を参加者全員で確認しました。
今年は、155人が梨「二十世紀」を中心に75.9haで栽培。20万2700箱(1箱=10kg)、9億1762万円の出荷、販売を目指します。

写真=会議の様子

ページの先頭へ