トップページ > ニュース > 琴浦西瓜生産部が地元のこども園にスイカ「琴浦がぶりこ」を贈呈しました!

ニュース

ニュース 琴浦西瓜生産部が地元のこども園にスイカ「琴浦がぶりこ」を贈呈しました!

JA鳥取中央琴浦西瓜生産部は琴浦町で24日、地元の2つのこども園にスイカ「琴浦がぶりこ」を贈呈しました。地元の美味しい特産物ができたことを子どもたちに伝え親しみをもってもらうことが目的です。
この日は同部の小前茂雄生産部長が琴浦町立しらとりこども園、吉田也寸志副生産部長が琴浦町立ふなのえこども園にそれぞれ出向き、各園に16㎏を超える超特大のスイカ2玉を贈りました。
例年は6月上旬に行う琴浦西瓜出荷セレモニーの際に、園児を招きスイカの試食会等を実施していましたが、今年は新型コロナの影響で規模を縮小し、関係者のみでの実施となりました。
しかし、地元の子どもたちに旬の特産物を味わってもらおうと、町内の東伯地区、赤碕地区からそれぞれ1つの園にスイカを贈ることを決めました。
この日、しらとりこども園では贈呈式後、手洗い、消毒などコロナ対策を徹底したあとで3歳から5歳の園児82人がスイカを堪能し、その甘さとおいしさに笑顔があふれていました。
小前生産部長は「子どもの笑顔をみると最後まで部員一丸となって作業に取り組もうという気持ちになった。大人になってもふるさとのおいしい物を作ってみたいとう後継者につながってくれると嬉しい」と話していました。
写真=先生からスイカを受け取る園児

 写真=小前部長からスイカを3人がかりで受け取ります!
 写真=早く食べたーい☆彡
 写真=甘い!おいしい!最高!

ページの先頭へ