トップページ > ニュース > コスモスの会運営委員会を開きました!

ニュース

ニュース コスモスの会運営委員会を開きました!

 JA鳥取中央助け合い組織「コスモスの会」は26日、倉吉市で第2回運営委員会を開きました。
コスモスの会は高齢者福祉活動の実践を通して地域社会に貢献することを目的にミニデイサービスを実施しています。ミニデイサービスは地元の高齢者と簡単に出来る手芸やレクリエーション、会食などを行い地域との交流を深めています。

運営委員会では、JA職員が令和2年度の活動を報告し、参加者で交流研修会の内容を話し合いました。
今年度は新型コロナウイルスの影響で活動を自粛していましたが、人数制限などの条件を設けながら徐々に活動を再開していく予定です。
今後のミニデイサービス活動内容の一つとして、手縫いのマスクを制作する案が出たこともあり、研修としてマスク作りの手順を確認しました。
参加者らは『家の光7月号』の記事を活用して、布を裁断しパーツを縫い合わせてマスクを作りました。

同会の山本花子会長は「高齢者が家に閉じこもってしまうことを防止するために、外に出てもらい運動をしたり会話をすることで元気になってもらいたい。今後、衛生面を気を付けて少人数から少しずつ活動を始めていけたらと考えている」と話しました。


写真=マスク作りの様子

ページの先頭へ