トップページ > ニュース > メモリアルホール報恩舎で家族葬相談会を開きました!

ニュース

ニュース メモリアルホール報恩舎で家族葬相談会を開きました!

 JA鳥取中央は12日、倉吉市にあるメモリアルホール報恩舎で、新型コロナウイルスの影響により増加する小規模葬に対応するため家族葬相談会を開きました。ホール内に仕切りを設け、テーブルにパーテーションを設置し、完全予約制で時間を区切るなど新型コロナウイルスへの対策をとった上で行い、25組の家族が参加しました。会では相談員が家族葬と普通に行う葬儀それぞれの良い点悪い点を説明し、個別の案件に対応した規模や費用をパソコンを使用して示しました。参加者はメモをとるなど真剣な表情で取組んでいました。相談会後の参加者からは「今までとは葬儀の形が変わってきているのか不安だった。自分の家族の状況を話し、疑問に思っていた事の一つ一つに具体的な内容を聞く事ができて満足した。今後について家族と相談し準備していきたい」との声がありました。この相談会は18日にもメモリアルホールあじさいで開く予定です。

写真=参加者に説明する相談員





ページの先頭へ