トップページ > ニュース > 組合長が担い手と意見交換を行いました!

ニュース

ニュース 組合長が担い手と意見交換を行いました!

栗原隆政組合長は、生産現場の意見を取り入れ、さらに充実した支援を目的に管内の担い手農家を訪問しJAへの要望や質問などの聴き取りを行いました。 北栄町で主に西瓜を生産する遠藤浩二さん(36)と今後、JAが取り組む経済改革などについての意見交換の後、同じく北栄町でブドウを生産する齋尾昂さん(29)からは「人事異動による営農指導員交代への不安感」があげられました。これに対して栗原組合長は「職員のレベルアップを図り、組合員へのサポート体制の向上に繋がるよう努めたい」と話しました。 今後も、JAと生産者が問題の共有を図ることで、農家の課題解決を実践していきます。 写真=齋尾さん(左)との意見交換の様子

ページの先頭へ