トップページ > ニュース > 令和2年度JA鳥取中央窓口ロールプレイング大会を行いました!

ニュース

ニュース 令和2年度JA鳥取中央窓口ロールプレイング大会を行いました!

 JA鳥取中央金融部は4日、倉吉市で令和2年度JA鳥取中央窓口ロールプレイング大会を開きました。
各支所の金融課窓口職員10人が競技し、審査の結果、赤碕支所の米田留美さんが優勝しました。
今大会は、ロールプレイングを通じて、窓口担当者の知識と意識の向上およびセールス力のレベルアップを図ることを目的としています。
大会は、参加者全員がマスクを着用し手を消毒、検温するなど新型コロナウイルス感染対策を徹底した上で行いました。

同JAの森嶋誠美常務は「窓口の職員にはお客様に満足いただける気持ちの良い接客を目指し、日々の業務に励んでほしい」と話しました。

出場者は7分間の競技時間で、親しみやすい雰囲気で接客し、顧客の多様なニーズに対応しながら、年金の受け取り口座やJA一体型カードに関するセールストークを披露。
米田さんは、マスク着用により表情が見えない中、お客様の目をしっかりと見て語りかけ安心感を与える対応などが評価されました。

米田さんら上位3名は9月9日に開催が予定される県大会に出場します。その他の受賞者は以下の通りです。
▽準優勝=内山瑠奈さん(東伯支所)▽3位=長濱香苗さん(河北支所)

写真=接客をする米田さん(鳥取県倉吉市で)

ページの先頭へ