トップページ > ニュース > 鳥取中央育英高等学校に特産品を贈り激励しました!

ニュース

ニュース 鳥取中央育英高等学校に特産品を贈り激励しました!

 JA鳥取中央は28日、倉吉市で鳥取県立鳥取中央育英高等学校男子バレーボール部が全日本バレーボール高等学校選手権大会に出場することを受け、鳥取中央の特産品を贈呈し激励しました。
同JAは、地域貢献活動の一環と「鳥取中央」つながりの意味を込めて同部に特産品を贈呈。
バレーボール部を代表して3年生の神谷竜之介さん(18)、宮本要武さん(17)、田中日和さん(18)に県オリジナル米「星空舞」10kg、長芋「ねばりっこ」10kg、豚カツ用豚肉10kgを贈りました。
特産品はそれぞれ、「星空舞のように空高く舞い輝き」、「ねばりっこのごとく粘り強く」、「豚カツを食べて勝利を勝ち取れ」という意味を込めました。
同校は春高バレーに4年連続4回目の出場となります。
JAの栗原隆政組合長は「全国大会で勝利していただき少しでも地域が元気になればと思っている。鳥取中央の名を全国に広めてほしい」とエールを送りました。

写真=贈呈品を持つバレー部部員とJA役員(28日、鳥取県倉吉市で)

ページの先頭へ