トップページ > ニュース > ハウス梨「二十世紀」交配作業が順調に進んでいます!

ニュース

ニュース ハウス梨「二十世紀」交配作業が順調に進んでいます!

ハウス梨「二十世紀」交配作業が順調に進んでいます!

湯梨浜町管内では現在ハウス梨「二十世紀」の交配作業が始まっており、生産者は作業に追われています。 同町では年明け以降気温が緩やかに推移したこともあり、昨年よりも3日程度遅い3月31日から交配が始まり、4月5日が交配中心日になる予定です。 4日、同町宮内地区にあるハウスでは、JA鳥取中央東郷果実部の寺地政明果実部長(61)と妻の邦恵さん(57)が交配作業に汗を流していました。 寺地部長は28aの面積でハウス梨「二十世紀」を栽培しており、交配作業は4日から始まり6日には終了する予定。 寺地部長は「天候も良く、このまま順調に交配作業を進めたい。今年も酸味と糖度のバランスの良い、大きくて甘い美味しい梨を作りたい」と笑顔で話しました。 また、この日は、同町がゆりはま地域ブランド力向上事業の一環として吉本興業と連携して取り組む「農業で住みます芸人in湯梨浜」の加藤アプリさん(32)も一緒に交配作業を行いました。加藤さんは地域おこし協力隊として4月から同町に一年間住み、寺地部長の指導を受けながら、梨栽培等を通して地域活性化に努めていきます。 湯梨浜町管内と北栄町(旧北条町)の梨生産者が所属する同果実部では今年17戸の農家が2.9haの面積でハウス梨「二十世紀」を栽培しており、1万1千箱(1箱=10kg)、6千6百万円の出荷販売を目指します。 写真=交配作業を行う寺地部長(左)と加藤さん(右)

ページの先頭へ