トップページ > ニュース > 鳥取県生協と共催で再生紙マルチ米交流会を行いました!

ニュース

ニュース 鳥取県生協と共催で再生紙マルチ米交流会を行いました!

 JA鳥取中央と鳥取県生協が共催で行う再生マルチ米交流会が4日、倉吉市で行い、県生協組合員、県生協職員、生産者、JA役職員ら約40名が参加しました。
 最初にJA鳥取中央河野正人常務から再生マルチ米について学習し、参加者はその様子を熱心に聞いていました。その後田んぼへ移動し、手植えによる田植え体験を行い、参加者は一束ずつ丁寧に植えていきました。
 再生マルチ米は、再生紙を田んぼに敷くことで光を遮り、除草剤などの農薬を使わずに雑草を生えなくする無農薬農法の取り組みで、JA鳥取中央では1993年から鳥取県生協と共同で「産直米」としてスタートしました。

写真=参加者で記念写真

ページの先頭へ