トップページ > ニュース > プリンスメロン査定会を行いました!

ニュース

ニュース プリンスメロン査定会を行いました!

プリンスメロン査定会を行いました!

JA鳥取中央倉吉メロン生産部は倉吉市で14日、プリンスメロン査定会を行い、生産者、行政、JA関係者ら約50人が参加しました。 査定会ではプリンスメロン200玉が持ち込まれ、糖度査定が行なわれました。査定果実のうちの一玉は18.1度と過去最高の糖度を記録!その結果、平均糖度は17.7度と昨年を上回り品質の高いメロンに仕上がりました。 今年は、交配期間に低温が続き苦戦したものの、生産者の努力により、実止まりも良好で例年並みの大玉で糖度の高いプリンスメロンが生産される見込みです。 出荷は14日から7月下旬まで続き、ピークは5月下旬。26日には鳥取市にあるスーパー「トスク本店」「Sマート」で試食宣伝販売を行います。 同生産部では今年、26戸の農家が2.8haの面積でプリンスメロンを栽培しており、大阪及び、県内に向け14,000箱(1箱=4kg)、2,940万円の出荷、販売を目指します。 甘くておいしい、初夏の味覚をぜひご堪能ください!! 写真=糖度査定の様子

ページの先頭へ