トップページ > ニュース > 鳥取中央青果と鳥取県生活協同組合の職員が梨の大袋掛け体験を行いました!

ニュース

ニュース 鳥取中央青果と鳥取県生活協同組合の職員が梨の大袋掛け体験を行いました!

鳥取中央青果と鳥取県生活協同組合の職員が梨の大袋掛け体験を行いました!

鳥取中央青果と鳥取県生活協同組合の職員、8人が湯梨浜町にある「笑い飯哲夫農園」で梨の大袋掛け体験を行いました。 農業で住みます芸人として湯梨浜町で梨を栽培している加藤アプリさんと、JA鳥取中央東郷果実部の寺地政明部長の指導の下、大袋の掛け方を習い、全員で約500枚の大袋を掛けました。 この取り組みは、梨を販売する市場担当者や、その先の消費者に生産者の栽培技術と苦労を知ってもらうと共に、袋を掛けることで虫や農薬が抑えられて安全・安心な梨作りを行っているということを身をもって体験してもらうことを目的としています。 写真=大袋をかける生協職員

ページの先頭へ