トップページ > ニュース > 北条ぶどう販売取引会議を行いました!

ニュース

ニュース 北条ぶどう販売取引会議を行いました!

JA鳥取中央北条ぶどう生産部は北栄町で12日、北条ぶどう販売取引会議を行い、生産者、取引市場担当者、行政、JA関係者ら約30人が参加しました。
生育状況、生産販売計画、市場情勢報告の後、意見交換を行いました。
今年は、ハウスの被覆後の3月中旬以降の平均気温、日照時間が平年以上だったこともあり生育は順調に進んだ。デラウェアはL中心の大玉傾向。巨峰、ピオーネについては、6月下旬以降夜温が低く推移し、着色が進めば十分な盆前出荷が期待できます。
会議では、正確な産地情報を市場へ伝える事により売り場の確保に繋げ、有利販売を行っていく事を確認しました。
同生産部では、110人の生産者がデラウェア、巨峰、ピオーネを中心にその他全品種合わせて2,393aの面積でぶどうを栽培しており、208t、1億8千540万円の出荷販売を目指します。

写真=意見交換の様子

ページの先頭へ