トップページ > ニュース > デラウェア査定会を行いました!

ニュース

ニュース デラウェア査定会を行いました!

JA鳥取中央北条支所ぶどう生産部は2日、北栄町でデラウェアの査定会を開き、生産者、行政、JA関係者ら約70人が参加しました。 今年度は、積雪の影響のため平年より5日程度遅い被覆となったが、その後は好天候に恵まれたため、順調に生育。平均気温・日照時間ともに平年以上で着色も良好に進んでいます。 査定結果は、平均糖度19,6度と上々の仕上がり。初出荷は7月4日に決まりました。 同生産部では、80人の生産者が約800aの面積でデラウェアを栽培しており、77t,6,545万円の出荷販売を目指す。出荷は7月下旬頃まで続きます。 同JAの戸田常務は「1つ1つ丁寧に手をかけたデラウェアを一房も無駄にすることなく、自信を持って消費地に送り込み、今シーズンを終えていきたい」と述べました。 なお、7月16日に北条支所にて「北条支所ぶどう女性部デラウェア祭り」を行います。

ページの先頭へ