トップページ > ニュース > (株)北栄ドリーム農場のイチゴの植え付けが始まっています!

ニュース

ニュース (株)北栄ドリーム農場のイチゴの植え付けが始まっています!

(株)北栄ドリーム農場のイチゴの植え付けが始まっています!

(株)北栄ドリーム農場は9月5日から、本年度のイチゴの植え付け作業を行なっています。 本年度は18棟のハウスに「紅ほっぺ」3万3851本、「とっておき」2160本、「かおり野」2485本、「よつぼし」710本の合計3万9206本を9月25日頃までに植え付ける予定です。収穫、出荷時期は11月下旬頃からで、県内市場、管内の各直売所と加工業者「不二家」に向けて出荷します。 昨年から15㌃増やした59㌃の面積で栽培し、23㌧、2760万円の出荷、販売を目標としており、2020年度には4.2㌶まで広げ、140㌧、1億7000万円を目指す計画。 また、来年には栽培ハウスを5棟、育苗ハウスを3棟増設する計画を立てており、将来的には中部管内全体で12㌶まで拡大し、新規10億円品目にすることを目標としています。 鳥取型低コストハウスを整備することで費用削減や、高設栽培による作業の効率化を図り、新たな雇用の創出や、新規就農などの多様な担い手の参入につなげていきます。 7月から地域おこし協力隊としてイチゴ栽培に取り組む石川聖磨さん(28)は「いよいよ定植の時期を迎えた。おいしいイチゴに育つように今後の管理もしっかりと行っていきたい」と意気込みを話していました。 写真=定植を行う石川さん(左)

ページの先頭へ