トップページ > ニュース > 倉吉市女性会5支部が倉吉市教育委員会へ雑巾を贈呈しました!

ニュース

女性会 倉吉市女性会5支部が倉吉市教育委員会へ雑巾を贈呈しました!

JA鳥取中央女性会はでは社会貢献の一環として、会員一人ひとりが一枚の雑巾を縫い、地域の各施設へ届ける活動を行っています。 12日には、倉吉市内の女性会5支部を代表し、久米支部の福井美幸支部長と大鴨支部の山本伴子支部長が倉吉市教育委員会へ約600枚の雑巾を寄贈。また、2日に倉吉市で行われた大農業祭の中で倉吉市社会協議会へ400枚を寄贈しました。 雑巾に使用したタオルは子どもやお年寄りでも絞りやすいように薄手のタオルを使用し、会員らは手縫いやミシンを使って丁寧に一枚一枚思いを込めてタオルを縫い合わせました。 女性会全体で2、781枚を管内の学校や施設に贈りさまざまな場面で使用されます。 倉吉市教育委員会の小椋博幸教育長は「手縫いの雑巾をたくさんいただいて本当にありがたい。大事に活用していく」と話していました。 写真=雑巾を手渡す福井支部長(中)と山本支部長(左)

ページの先頭へ