トップページ > ニュース > 春高バレー出場の鳥取中央育英高校に特産物を贈呈しエールを送りました!

ニュース

ニュース 春高バレー出場の鳥取中央育英高校に特産物を贈呈しエールを送りました!

JA鳥取中央は鳥取県立鳥取中央育英高等学校男子バレーボール部が全日本バレーボール高等学校選手権大会に出場することを受け、特産品を贈呈しエールを送りました。 春高バレーには鳥取中央育英高等学校は2年連続2回目の出場。地元にある高校ということはもとより、”中央”つながりという意味を込めて(株)北栄ドリーム農場のイチゴ10箱、長芋「ねばりっこ」10㌔、鳥取県の新品種の米「星空舞」10㌔を贈りました。 贈った特産品には”星空に舞うがごとくボールを打ちまくり”、”粘り強く拾って””赤いイチゴを食べて勝利をつかみ夢(ドリーム)をかなえてほしい”という意味を込めています。 栗原隆政組合長は「1つでも多く勝利できるようチーム一丸となって頑張ってほしい」とエールを送り、バレー部キャプテンの木村悠登さん(18)からは「応援してくれる人たちにこたえられるよう感謝の気持ちを胸に一生懸命戦ってくる」と意気込みを話していました。 写真=全員でガッツポーズで「勝つぞ!」

ページの先頭へ