トップページ > ニュース > 琴浦スイカ生産部総会を行いました!

ニュース

ニュース 琴浦スイカ生産部総会を行いました!

JA鳥取中央琴浦西瓜生産部は、琴浦町で第2回目となる総会を開き、生産者、取引市場、行政、JA関係者ら約40人が参加しました。 今年度は、東伯西瓜生産部と赤碕西瓜生産部が合併して初めての販売。24人の農家が、3万1、695箱(1箱=15.5㌔)1億1、383万3、033円の出荷、販売を記録。 1箱あたりの平均単価3、591円、10㌃あたりの販売金額は133万9、211円と合併以前の両生産部を合わせた記録と比較し、過去最高を記録しました。 今年度は、小玉傾向となり計画に対して数量減となりましたが、シーズン通して生育は順調に進み例年並みの高品質なスイカを栽培、出荷することができました。 総会では、平成30年度の事業報告や、31年度の事業計画及び西瓜栽培基本方針について協議。栽培基本方針として、大玉と糖度の高い西瓜栽培に努めることやハウスの導入による作型の前進化を図り、作付面積の拡大に努めていくことなどが決議されました。 写真=総会の様子

ページの先頭へ