トップページ > ニュース > 特産品露地梨「二十世紀」の交配がピークを迎えました!

ニュース

ニュース 特産品露地梨「二十世紀」の交配がピークを迎えました!

JA鳥取中央管内では、特産の露地梨「二十世紀」の交配がピークを迎えています。湯梨浜地区では8日から交配が始まり、13日ごろが中心日となり、16日ごろまで続く予定です。
東郷果実部では270戸の農家が85㌶で露地梨「二十世紀」を栽培し、17万箱(1箱=10㌔)、7億6、500万円の出荷、販売を計画。部全体では全品種合わせて24万2、045箱(同)、10億8、986万6、500円を目標に取り組んでいきます。
同部の山田均さん(62)は現在、露地梨「二十世紀」30㌃、梨「新甘泉」などその他の品種合わせて80㌃を栽培。山田さんは「良い交配をして今年も大玉で美味しい梨を作りたい」と、一花づつ丁寧に交配していました。また、「梨作りで重要な交配後の初期生育の時期も好天候の予想が出ているので、実りの秋を期待している」と笑顔を見せました。
写真=交配を行う山田さん

ページの先頭へ