トップページ > ニュース > 東郷小学校3年生が梨の交配体験をしました!

ニュース

ニュース 東郷小学校3年生が梨の交配体験をしました!

湯梨浜町にある梨「二十世紀」の古木「百年樹」で15日、湯梨浜町立東郷小学校の3年生43人が梨の交配作業を体験しました。 百年樹は樹齢113年となる老木。樹木への負担を考慮し、今年度の交配が見送られたため、同園内の樹木への交配となりました。 JA鳥取中央の営農指導員が東郷梨の歴史や生産状況について説明した後、倉吉農業改良普及所の普及員が交配方法について説明。 百年会のメンバー、営農指導員、普及員らの指導のもと、児童たちは慎重に一花ずつ、大きく、美味しくなるように気持ちを込めながら交配を行いました。 「百年樹」を管理している百年会の寺地寛美会長は「愛情を持って丁寧な交配作業を心がけ、美味しい梨が出来るよう頑張りましょう」と笑顔で話しました。 児童らは今後、5月に小袋掛け、6月に大袋掛け、9月には収穫を行い、地元特産の梨について学習します。 写真=楽しそうに交配をする児童

ページの先頭へ