トップページ > 農畜産物状況 > 北条種無しピオーネが満開期を迎え、ジベレリン処理がスタートしました

農畜産物状況

北栄 北条種無しピオーネが満開期を迎え、ジベレリン処理がスタートしました

ぶどう生産者は、満開期を迎えたぶどうに1房ずつ手作業でジベレリン処理を行います。デラウェア、巨峰、ピオーネ、シャインマスカットなど全ての品種に行い、大変手間のかかる作業ですが、種を無くし、粒を肥大させる為にはこの作業が欠かせません! ジベレリン処理作業が終わると、生産者は手作業で込み合った部分の粒、小さな粒などを1粒ずつ間引き、粒肥大を促進させ、きれいな房に仕上げる為の摘粒作業を行います。デラウェア6月下旬、巨峰・ピオーネ7月下旬、シャインマスカット8月下旬頃にそれぞれ収穫期を迎えます。 写真=ジベレリン処理期を迎えたピオーネの様子

ページの先頭へ