トップページ > ニュース > 琴浦町の二十世紀梨「百年樹」をみどり園へ贈呈しました!

ニュース

ニュース 琴浦町の二十世紀梨「百年樹」をみどり園へ贈呈しました!

  JA鳥取中央は、琴浦町にある古木「百年樹」で栽培する梨「二十世紀」を社会福祉法人立石会ケアハウスみどり園へ贈呈しました。同町の特産品を再認識してもらう事で地域への社会貢献とJAへの理解を深めてもらう事が目的です。
同JAの戸田勲常務からみどり園の利用者へ贈答用の梨として「誉」を2箱(1箱=2㎏)を手渡し、事前に贈った7箱(1箱=10㎏)の二十世紀と一緒に、同日に行われた敬老会催事の場で利用者約60人がそのおいしさを堪能しました。
同町にある「百年樹」は、県内でも有数の長寿樹で、樹齢はなんと112年!JAでは知名度向上や、地域貢献度を高めるためにもこのイベントを契機に観光資源としても活用していきます。
戸田常務は「樹齢112年の梨に負けないくらい長生きしてほしいという気持ちで贈った。今後もこの活動を継続させていきたい」と話していました。

写真=戸田常務から「誉」を受け取る利用者ら(左)
 写真=梨を堪能する利用者の皆さん
 写真=梨のおいしさにこの笑顔♡

ページの先頭へ