トップページ > ニュース > 大山乳業×鳥取中央育英高校が「白バラいちごシフォン」を完成させました!

ニュース

ニュース 大山乳業×鳥取中央育英高校が「白バラいちごシフォン」を完成させました!

大山乳業農協は鳥取県立鳥取中央育英高等学校の学生らとともに「白バラ牛乳」と北栄町産のイチゴを使ったカップケーキ「白バラいちごシフォン」を完成させました!地元の学生に物づくりの大切さを伝える学生コラボ企画の第5弾。柔らかなシフォン生地の中にイチゴの甘みと香りを際立たせたクリームが入った自慢の一品です♡

同校の生徒8人が総合的な学習の一貫で取り組みました。生徒たちは、イチゴを新たに町を代表する農産物へ後押しするためイチゴを使ったスイーツ作りに挑戦。パッケージも学生ら自身で考え可愛らしい商品に仕上げました。

材料のイチゴは、JA鳥取中央と北栄町が共同出資して設立した(株)北栄ドリーム農場のイチゴ「紅ほっぺ」を使用。販売期間中約140㎏のイチゴ「紅ほっぺ」の供給を予定します。

同校普通科2年の堀本光雪さん(17)は「地元の企業関係者の人とのかかわりが持てたことがとてもいい経験になった。イチゴの風味を残し甘さ加減も調整しバランスの取れたおいしいシフォンケーキになった。より多くの人に食べてもらいたい」と喜びの表情を見せていました。
1月26日からは山陰地区のローソン店舗で先行販売し、2月2日からは山陰地区のローソン店舗に加え、量販店や地元道の駅で、1個130円(税別)で販売します!
お見かけの際は、ぜひご賞味ください!!

写真=北栄町の松本昭夫町長(真ん中)にカップケーキ開発の取り組みを報告した鳥取中央育英高校の学生
 

ページの先頭へ