トップページ > ニュース > 組合長がラッキョウ生産者と意見交換を行いました!

ニュース

ニュース 組合長がラッキョウ生産者と意見交換を行いました!

 JA鳥取中央の栗原隆政組合長は、北栄町にあるラッキョウの圃場でらっきょう生産部指導部長の山本泰夫さんとらっきょう共同乾燥施設役員を務める角本光弥さん、ラッキョウ生産者の池田愛子さんと面会し、生産現場での課題などについての意見交換をしました。担い手訪問は、組合員からの要望を聞き、JAの自己改革を進めるとともに、組合員と距離を縮める目的があります。山本さんからの課題・要望では「農機具購入の際の補助事業などについての情報周知の強化」、角本さんからは「収穫時などの繁忙期の人材確保」、池田さんからは「生産者の作業に合わせた営業時間の見直し」があげられ、今後各担当部署と連携し、課題解決へ向けて取り組んでいきます。

写真=意欲的に議論を交わす組合長(左)と生産者たち

ページの先頭へ