トップページ > ニュース > 組合長が梨生産者と意見交換を行いました!

ニュース

ニュース 組合長が梨生産者と意見交換を行いました!

 JA鳥取中央の栗原隆政組合長は倉吉市で梨生産者を訪問し、強風で受けた梨園の被害状況を確認した後、生産現場の課題や要望を聞き取りました。
中部管内の担い手を訪ね、組合員との対話の充実と信頼関係の強化を目的としています。
訪問を受けた、石岩均さんと小野一政さんからは、「後継者不足」や「気候変動への対策強化」、梨を霜害から守る「防霜ファンの設置」などの要望がありました。
栗原組合長は「県などと協議し、これらの課題に早急に対応していく」と伝えました。

写真=要望を聞き取る栗原組合長(左)

ページの先頭へ