トップページ > ニュース > 蔵増専務が三朝町で梨の生産者と意見交換をしました!

ニュース

ニュース 蔵増専務が三朝町で梨の生産者と意見交換をしました!

 JA鳥取中央の常勤役員が担い手農家を訪問し、生産現場の課題や要望を聞き取りました。JA自己改革の取り組みの一環として、生産者と問題を共有することで課題解決を実践し、今後のJA事業運営に生かしていきます。同JAの蔵増保則専務が三朝町で10日、梨生産者の青木君夫さんと安藤寛樹さんと面会。年々減少する梨生産者に歯止めをかけるため「新規就農者の確保」を強く求めました。
蔵増専務は「JA内で情報共有をする他、関係部署と情報交換をしながら対応していく」と伝えました。意見交換終了後、強風による梨園の被害状況を視察。梨農家の現状を確認しました。
写真=被害を確認する蔵増専務

ページの先頭へ