トップページ > ニュース > 柿「輝太郎」市場にPR

ニュース

ニュース 柿「輝太郎」市場にPR

 柿生産部は5日、倉吉市のJA本所で、市場とテレビ会議システムを使い、県オリジナル柿「輝太郎」のトップセールスを行いました。栗原隆政組合長と、同部の竹原正純部長が出席。生育状況や選果を動画で紹介し、大玉で秀率が高いことをPRしました!

JAが柿のトップセールスを行ったのは、今回が初めて。出荷予定の1500ケース(1ケース10㌔)のうち3分の1を出荷する京都青果合同と意見交換をしました。「輝太郎」の特性レアチーズケーキを準備したり、柿を試食するなどして、味覚からも「輝太郎」の良さを伝えました。

竹原正純部長は「長雨や強風で生育が心配だったが、良い柿に仕上がった」とPRしました。


ページの先頭へ