トップページ > ニュース > 管内の若手梨生産者で、産地振興に向け意見交換会を行いました!

ニュース

ニュース 管内の若手梨生産者で、産地振興に向け意見交換会を行いました!

 JA鳥取中央は24日、鳥取県園芸試験場で、第4回目となるプロジェクト“梨Born”(リボーン意味=梨復活)を開催しました。近年、梨が高単価で推移しているにも関わらず、生産量は減少していることから、過去の振興策の反省も踏まえ効果的な解決方法を精査することが目的です。プロジェクトのメンバーは、若手のJA果樹営農指導員と県農林局職員の7名で構成しています。

同JAでは、梨全体の2021年度販売高が23億円(内、梨「二十世紀」は約14億円は日本一の産地)と特産品となっていますが、生産者の高齢化により、栽培面積が減少しています。同プロジェクトは、「二十世紀」を中心に管内の梨の生産基盤を復活させようと今年から始動しました。

プロジェクトの生産振興の主な取組として、団地化を行い、世代間共働による栽培と機械化利用、生産部の垣根を越えた青年梨生産者のグループ化など7項目を柱に揚げています。これまで、新たな事業については行政、現場の新技術については園芸試験場と連携し、10年後の産地振興ビジョンや栽培技術について議論を重ねてきました。


 第4回目の今回は、管内4つの梨生産部から、青年梨生産者の意見を聞く場として設定。「共働や団地化は生産者にとって良いこと」など好意的な意見の一方で「ハウスなどの資材費が高い。JA、行政、生産者でコストを抑える動きを作らなければならない」など、今後の課題も挙げられました。

また、園芸試験場内の園地に移動し、最新のV字ジョイント仕立栽培を視察。今後は、スマート農業が主流となり園地も大規模化すると予想されることから、機械化にあわせた仕立、栽培方法の試験研究を熱信に確認しました。

同JA農産部販売課の木下拓也課長は「先人のご努力により、中央農協管内は、日本一の二十世紀梨の生産基盤が存在する。これまでの歴史をふまえて、青年梨生産者が10年先を見据えた、活力のわく振興計画を早急に作成し、実行する事で、生産基盤の強化に繋げていきたい」と話しました。

同プロジェクトは、2022年1月に、JAと県へ今後の振興計画を報告する予定です。

ページの先頭へ