トップページ > ニュース > 園児が昔ながらの稲扱き体験をしました

ニュース

ニュース 園児が昔ながらの稲扱き体験をしました

【平成26年11月5日開催】
倉吉市にあるJA鳥取中央直売所「旬鮮プラザ満菜館」で地元の保育園児12人が稲扱きと餅つきを行いました。
稲は、園児が田植えと稲刈りをしたもち米で、今回は千歯扱きと足踏み脱穀機を使い、JA職員らと一緒に昔ながらの稲扱きに挑戦しました。
その後は、地元のもち米を使って餅つきを行い、ぜんざいにして食べました。
足踏み脱穀機と千歯扱きを使って稲扱きを行う園児

籾が飛び散ります

トゲトゲしてる!硬い!いろんな感想が聞こえてきました
よいしょ!皆で応援します
つきたてのお餅は美味しいね!

ページの先頭へ